就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ >最近良く聞くスタートアップ企業ってどうなの?

最近良く聞くスタートアップ企業ってどうなの?

Posted On 2016.03.31

最近良く聞く「スタートアップ」。ベンチャーと混同されがちですが、実は違うってご存知でしたか?
今回はスタートアップの基本と、その魅力についてお伝えします。



スタートアップとは?

ベンチャーは創業間もない中小企業を指しますが、スタートアップは新しいビジネスモデルを開発し、世の中に新しい価値を与える企業を指します。
組織もなければルールもなく、全員がフラットな関係で、全速力で動いていくのがスタートアップの特徴です。



スタートアップの醍醐味

世の中にイノベーションを起こすビジネスを生み出すため、プロダクトを作成して市場の反応をみて、最適なビジネスモデルを模索していく作業を繰り返します。
その間の資金は投資家から調達するケースが多く、成長の過程で2・3度の資金調達を経ながら最終的なビジネスモデルへ昇華させていきます。
また、自社株を購入できる権利(ストックオプション)もあるので、ビジネスが当たれば、上場後に莫大な資産を手にすることもできます。
大企業では体験できない、資金調達や新しいビジネスモデルの設計、そしてIPOなどの過程が体験できること、 ストックオプションによる利益が最大の魅力といってもよいでしょう。


デメリットは?

ビジネスモデルを確立するまでの道のりは決して甘いものではなく、成功するかもわからないため常に不安と向き合い、仕事を行っていかなければなりません。
そのため、自身のメンタルも強く、決心を固めて挑まなければ、成功することはとても難しくなります。
また、失敗した場合はストックオプションも無駄になるため、ハイリターン名半面ハイリスクであることも認識すべき事実です。


IT関係に多いスタートアップ企業

スタートアップ企業の多くは、IT関係の仕事と知られているように、IT関係の多くはスタートアップ企業となります。そのため、IT関係の仕事を行いたいと希望する場合、スタートアップ企業となることも多くあります。
IT関係の仕事は、未知の世界であり、将来性もある仕事となります。しかし、一方でIT関係の仕事の需要が増え、さらにITを売りとしている企業も増加しているのも現実です。そのため、IT関係の仕事は競争世界であり、実力勝負の世界となります。


スタートアップ企業は、リターンが大きいという可能性を秘めています。ですが、成功するか否かは、そこで働くスタッフによります。そのため、いかに即戦力として働くことができるかという事が重要となり、誰かに教えてもらうという姿勢ではなく、自身で自身のスキルを磨いていくという事が重要となります。そのため、その仕事が成功した時の達成感は、大手企業などと比べ物にならないものとなります。

スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ