就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 実は大きなポイント!履歴書の写真を撮るときのコツ

実は大きなポイント!履歴書の写真を撮るときのコツ

Posted On 2016.2.4

履歴書に必ず貼ることになる顔写真。実は、ここで貼る写真も大きなチェックポイントになるのです。写真屋に、就活写真専用のプランがあったりもするので、企業もかなり重要視していると言えます。そもそも、就活にはどんな写真を選べばいいのでしょうか。チェックしていきましょう。


写真を撮るときは就活に着るスーツで

写真を撮るとき、顔の全体と胸元までが写ります。面接は、履歴書を見ながら行われることが多いので、写真と同じ髪型と服装であることが望ましいです。 また、写真を撮る前に服装のチェックを忘れないようにしましょう。シャツのボタンは留まっているか、スーツは汚れていないか…。意外と「大丈夫だろう」というような汚れもキレイに写ってしまうことが多いので、注意してくださいね。濃い色のスーツであることが多いので、目立ちやすくなってしまいます。


真顔ではなく、少し微笑むようなイメージで

免許証などの証明写真は真顔で撮るのがよいとされています。ですが、就活では少し微笑むくらいがよいのです。 面接の際、就活生は面接官と最初に顔を合わせるのは面接時ですが、面接官にとって1番最初の顔合わせは書類選考時です。第一印象は写真で決まってしまうと言っても過言ではありません。笑いすぎはもちろんNGですが、少し口角を上げるくらいだとちょうどいいでしょう。


安く焼き増しができる写真屋を選ぶとGOOD

1回写真を撮ってみるとわかることですが、写真屋で写真を撮ると1回の料金が高くなってしまうところが多いです。でも就活の写真は何枚も必要になります。最初の料金は高くても、焼き増しが安くできるところだとお財布にも優しいですね。 就活写真を撮るときのアドバイスが豊富だったり、こちらが納得いくまで撮影をしてくれる写真屋もたくさんあります。料金も考えて選んでみてくださいね。 -就活に使う写真は、とっておきの写真を使おう 人生の大イベントでもある就活。企業が1番最初に見ることになるのが写真なのです。最高の写真で就活に臨みましょう!


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ