就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 就活に役立つ「研究概要」の書き方とは?

就活に役立つ「研究概要」の書き方とは?

Posted On 2016.1.28

研究概要を書かなければならないどのように書くといいのでしょう?特に、大学院生なら研究がメインになりますから、どのように第三者に伝えるのかがポイントになってきます。研究概要や内容そのものを聞かれているわけではないということを理解しておきましょう。企業が研究概要を聞く理由は、なぜそれに興味を持ち、研究をしどんな成果を出したのか。そして研究を通して学んだことがどのように志望企業に活かせるのかということが重要になります。


差別化すること

学んだ内容や研究内容は多少は人と同じ場合があります。しかし、同じ出来事でも他人との差をつけるためには、自分自身はそれを企業にどう活かせるのかをしっかり他人と差別化した考えで述べられるところです。要するに、「自分なりの考えをいかにもっているか」という点が多ければ多いほどアピールポイントになります。


書き方のコツ

とにかく伝わりやすいように書くことが重要ですが、その研究について詳しくない人が見るので、あまり専門用語を多用しないほうが好ましいといえます。専門用語を使わないだけで伝わりやすくなりますし、それについて興味がない人が見たとしても理解はできるということです。しかし、わかりやすくしすぎても物足りない文章になってしまいます。類似した他の研究とも差別化しなくてはなりませんし、かといって、専門用語を使わなくてもわかりにくい文章では、他人への配慮が足りない文章と思われてしまいます。どのようなポイントをピックアップすることが他人に興味を持たせ、かつ自分らしさが伝わるのかを考えましょう。


興味を惹かせた後を考える

興味を惹くような文章を書くことができれば、面接でそれについて聞かれる可能性があります。そうすれば、自分の得意分野について話せるわけですし、自分に興味を持ってもらうきっかけになりますから有利な立場を得ることができますね。 こんな質問をされるのではないか?こんなことを聞いてほしいな、などと、第三者のことを考えた研究概要の書き方をすることで、話をどんどん広げていくことができますね。


研究概要を書く時に必要なのは、研究内容をただ書けばいいわけではないことがわかりますね。研究概要を書くことを通して、いかに自分という人柄をアピールするのかが大事です。簡潔化しすぎず、難しい内容に凝り固めず、自分をアピールするきっかけ、つまり土台を作ることが大事ですね!こう考えれば自然と人に理解してもらえる文章を書くことに繋がるでしょう。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ