就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 面接に通らない人に共通する特徴とは?

面接に通らない人に共通する特徴とは?

Posted On 2016.1.11

能力差はさほどないのに、面接に通らない学生っていますよね。学生時代は試験による成績で優劣を決めていましたが、社会に出るとの試験結果は仕事に関係しなくなってしまうのです。では、どのようなポイントが企業に評価され内定につながるのでしょう?


長く会社に貢献できる人物

企業としては個々の能力はもちろん、社会に出たときに「この人は長く企業に貢献してくれるだろう」、つまり、「やめなさそう」な人材を欲しています。それは、いくら能力があろうとすぐに辞めてしまうようでは損失につながってしまうからです。企業は「能力はあるけどすぐやめる人」よりも「能力はさほどなくても長く企業のために勤めてくれそう」な人の方を選びます。それはなぜかと言うと、「能力はさほどなくても企業の為に勤めてくれそう」であれば、いくらでも人材として育てていけるからです。要するに「育てれば伸びる」要素があるからです。

面接において、そう思わせるポイントが他人より勝ることで、内定へと繋がっていくのです。自分の能力を売りに、こんなことをしてきた、自分には実績がある、と言っても、学生と社会人では物が違います。セールスポイントが企業に結びつく出来事でなければ、それは「過去の栄光」と言われてしまいます。


志望度の高さ

「やめなさそう」な人とは、つまり、「企業への志望度の高い人」を言います。企業に対するこんなところに興味があり、こんなスキルを伸ばしていきたい!というアピールが他人よりも大きければ大きいほど、それは他人との差になります。「面接に通らない人」と言えば、その志望度が低い人とも言えるでしょう。


そもそもダメな点がある

面接に通らない人には、もしかしたら「そもそもダメな点」がある場合があります。スーツがよれている、不潔な印象を持たれている、覇気がない、などの、第一印象でダメな点が目立つ人です。働く上で、身なりの自己管理は当たり前。それが就活の段階でできていないようでは、期待値も下がってしまいますね。

また、とりあえず受けてみました、という雰囲気が伝わってくる学生や、「なんでこの会社を受けにきたんだろう?」「本当に受かりたいのかな?」と思われてしまうような受け答えももちろんダメ。それを防ぐには自分の管理をしっかりと意識付けていることが必須です。


採用する側が、「誰でもいいや」なんて思うことは絶対にありません。企業は長く会社に貢献でき、且つ大きく成長できる人材を真剣に見極めています。学生はそれに答えられるような力量がなければ、内定は厳しいでしょう。就活は甘いものではありません。しかし、就職してしまえばそれはもっと厳しいものに変わるんです。

面接に通らないと思う人は自分を見つめなおし、いかに自分を売り込みたいのか考え直す必要がありますね。受からないのは「見る目がない」わけではなく「自分の何かが企業とマッチしていない」ということです。自分をしっかりと足元から見つめなおしてみましょう!


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ