就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 書いてあることは本当に大丈夫?履歴書の最終チェック!

書いてあることは本当に大丈夫?履歴書の最終チェック!

Posted On 2015.12.17

いよいよ書類審査、履歴書を郵送するパターンもあれば、面接時に手渡しするパターンもあるでしょう。それでは、履歴書を封筒に入れる前に、履歴書の事前チェックをしてみましょう。


誤字・脱字の確認は基本

まずは誤字・脱字の確認です。いくら素晴らしい内容が書いてあったとしても、誤字・脱字があっただけで台無しになってしまいます。
特に学校名や資格の記入欄、自己PRなどのチェックは入念にしておきましょう。長い文章を書いていると、書いた勢いで間違えてしまうパターンが多いからです。


学歴の年は大丈夫?

次に間違えがちなところは、学歴の記入欄です。中学卒業から書くことが基本ですが、自分の卒業年月日は正確に把握できていますか?同い年の友達に確認してみるのも1つの方法ですし、携帯や手帳のメモ欄に中学卒業、高校入学・卒業、大学入学・卒業予定の年を書いておくといつでも見ることができますね。
そして、最後の大学卒業については面接の段階では卒業していないので「卒業予定」と書くのがベストです。また、大学の学部・専攻は書けていても高校の学科を書き忘れてしまうことが多いので注意してくださいね。


クリアファイルの用意をしておくと便利

履歴書は重要種類なので折り目をつけないことが基本です。履歴書の大きさの封筒に入れて手渡し・郵送が基本となります。
このときに、単位証明や卒業見込証明書を同封することが多いので、すべてまとめてクリアファイルに入れて、その上で封筒に入れることができるとさらによいです。


いかがでしょうか。履歴書の書き方はもちろん、扱い方までしっかりとチェックされます。細心の注意を払い、ベストな履歴書を提出できるようにしましょう。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ