就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 自分のセールス!!履歴書の自己PR、どんな感じに書く?

自分のセールス!!履歴書の自己PR、どんな感じに書く?

Posted On 2015.12.07

実際に履歴書を書くようになると、必ず内容に悩むところが出てくるはずです。その1つが、自己PRです。アルバイトなどで履歴書を書くことが多かった人も、毎回悩んでいたという経験があるのではないでしょうか。逆に、書きたいことが多くてまとまらないという声も聞こえてきます。 今回は、そんな自己PRの書き方のアドバイスをしていきます。


自分のいいところが見つからない

自己PRを書くに当たって、1番多いのはこのような悩みなのではないでしょうか。自己PRとは、自分を売り込むことなので、自分にいいところなんてないから何を書けばいいのか…と書く内容すら思いつかないようなネガティブの考えを持っている人がたくさんいます。

では、こんなときはどうしたらいいのでしょうか。まずは、自己PRの欄に何を書けばいいのかを掴むことです。自分のいいところを売り込むのが自己PRですが、その中にどういうことを書けばいいのかがわかればどんなことを書けばいいのか見えてくるはずです。

大まかなポイントは、

・今まで頑張ってきたこと
・入社して磨いていきたいこと

の2つです。頑張ってきたことは、学校でもアルバイト経験でも構いません。自分が今まで、どこでどんなことを頑張ってきたのかを思い出してみてください。そして、実際会社に入社してから、どんなことを頑張りたいのかを考えてみてください。

学校で頑張ったことでしか書けないということはありません。自分で資格の勉強をしたことだったり、ずっと同じスポーツをしていることも自己PRに繋がってきますよ。



書きたいことがなかなか決まらない

逆に、書きたいことが多すぎる場合は、上記の2つのポイントに加えて、だらだらと長い言葉にしないということがポイントです。それぞれ2つくらいまで絞ることができると簡潔にまとまりやすくなります。

頑張ってきたこととこれから頑張りたいことに加えて、「◯◯のような経験から、□□に特に自信があります」というようなPRを強調していけるとさらによいですね。


応募する会社のジャンルに応じて書き方を変えてみよう

いくつか自己PRの文章を書いてみて、応募する会社に応じて使い分けができるといいですね。1番大切なのは、志望動機と自己PRをしっかり結びつけることです。

自分の経験と、そのエピソードの中から試験を受ける会社に1番結びつきそうなものを選んで記入しましょう。

自己PRでどんなことを書けばいいのかを整理していくことで、書きやすさがぐっと違ってきます。自分を堂々とアピールできるような自己PRを書きましょう!


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ