就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 面接で評価されるには?

面接で評価されるには?

Posted On 2015.12.05

面接において相手にいい印象を残すことはもちろん、評価されることは重要なことですね。どのような対応や立ち居振る舞いが面接官にいい印象を残すのでしょう?。


面接官は「人間」である

当たり前では?と思うかもしれませんが、自分の理想の企業に入るのに面接はとても重要。面接官のことを「人間」としてではなく、企業に入るための「難関」として捉える人は少なくないのです。

しかし、面接官は人間である!と念頭においた上で物事を捉えてみるとどうでしょう?面接官は質問を投げかけてくる機械ではありません。人として、聞きたいことを質問してきます。そう考えると、わかりやすく答えよう、自分の気持ちを伝えようとすることは相手に物事を伝える第一歩ではないでしょうか。そのスタンスで回答をすることで、自然と相手にわかりやすい回答をすることに繋がるのです。

それによって、自分の人柄を上手く伝えることにもなりますし、感じがいいなと思われることは評価されていることと同じなのです。



不機嫌は厳禁

面接において絶対にある答えにくい質問。想定していなかったことを聞かれたり、自分の答えに上乗せするように質問してきたり。予期せぬことがおこるのが面接と思って様々な答えやパターンを練習するとは思いますが、全く予想していなかった質問にその場で満足いく答えを出せる人ってなかなかいませんよね。

ああ言えばよかったかな、あの答えはまずかったかな…と誰しもが思うことがあるでしょう。面接で評価されるには、どんな状況においても不機嫌にならないことは絶対です。

失敗したなと思っても不機嫌になるよりは不適切だった箇所を訂正できる能力を企業は求めています。多少失敗したと思っても、取り返す力を見せることが評価に繋がっていくのです。


評価とはそもそも?

面接においての評価は、外見や対応力はもちろんのこと、面接官がいかにその人を気に入るか、ということです。それはもちろん媚びを売ることとは違います。いかにこの人だったらこの会社で上手くやってくれるだろうと思わせられるか。相性や適正はもちろんですが、面接官相手に一緒に働きたいと思わせることが最大の評価です。


まとめ

いかがでしたか?評価とは、適した回答をすることももちろんですが、いかに「人間」相手に自分の良さをアピールできるかということです。ということは、自分の回答を確認するための面接練習をすることと並行して、様々な性格の人に自分の回答はどう思われているのかを確認しながら改良を加えていくことで自分の回答を確立すること。そして臨機応変な回答を求められた時に柔軟に対応できるかが大切になってきますね。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ