就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 【企業研究】賢く職種紹介サイトを利用してみよう!

【企業研究】賢く職種紹介サイトを利用してみよう!

Posted On 2015.11.23

たくさんの企業がある中で、今後長くに渡って自分が活躍していける職種とはどのような職なんでしょう?
自己分析において見出した自分の目指すものを元に、まずは職種について詳しく知る事が大切です。賢く職種紹介サイトを利用してみましょう。



あれやりたい!

漠然とやりたいことがあったとしても、そのやりたい仕事は確実に職種の区分に配属しています。例えば、接客やりたい!はサービス業に区分され、パソコンのことがやりたい!はソフトウェア業に区分されます。そのほかにも、金融業や小売業などと、多くの業種があります。やりたいと思った仕事がどの職種に区分されるのかを調べてみましょう。


掘り下げて調べていく

自分がやりたいことがどの職種に分類されるのかを調べるのが職種紹介サイトです。様々なサイトがある中、どのように調べるといいのでしょう?

職業は大きく分けてサービス業、小売業などといったふうに分類されます。その題目を元に、サービス業にはどのような職が分類されているのかを知る為に職種紹介サイトを利用します。そこで得た情報を元に、掘り下げて掘り下げて自分のやりたい仕事がどの部類に所属するのか、どのような類似した職業があるのかを調べることは大切な事です。


掘り下げると見えてくる

例えば、飲食業の経営者になりたい!というところまで掘り下げてみると、その下にまだ区分がある事に気付きます。飲食といえど、ファストフードやレストラン、居酒屋など、様々な部類があります。自分が目指す飲食業とは、どんな飲食業なのだどうと、疑問が生まれてきますし、詳しく知る事が自分のやりたい事をより明確にするために必要な事なのです。

ピラミッドのように一つの業種から下がどんどん広がっているので、それについてわかりやすく理解をするために職種紹介サイトを利用してみると、やりたいこと一つあっても類似した職種があれば選択肢を増やす事にも繋がっていきますよね。


まとめ

いかがでしたか?就活において、他人よりもそれについて詳しくなる事は強みであり、基礎であると共に選択肢を広げたり明確にしたりすることにも繋がっていくわけです。

就きたい職が決まっていても、そういったサイトを賢く利用することによって見えてくること、より一層詳しくなることもあることがわかりますね。知識があること、誰もが知っているであろう情報を、どこまでも掘り下げて詳しくなる事で他人との差を生み出すことができ、自分の武器に変貌させることができるわけです。

例えやりたいことが見つからなくても、職種紹介サイトを見ていくことによってやりたい事の発見に繋がるかもしれませんね。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ