就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 【最新】どうなる?2017卒の採用ルール

【最新】どうなる?2017卒の採用ルール

Posted On 2015.11.11

2016年、大学生の学業優先を理由に大きく就活に変化がでた2016年。就活生だけではなく、企業側にも大きな混乱を与えている現状ですが、今後どう対応していったらいいんでしょう?
情報収集をしっかりしておかないと、希望する企業のエントリー受付が終了していた…なんてことになってしまいそう。押さえておく点さえわかれば、乗り越えられるはず!



17卒の就活は?

基本的なスケジュールは、3月から採用情報の解禁。4月に企業説明会。5月にはエントリーシートを提出し、選考。8月に内定。といったのが目安になるかと思います。

しかし、倫理憲章のルール上、選考は8月となっていますが、実際は企業の多くが8月以前に選考を行っており、2016年の内定出しの開始の多くは6月に集中しているようです。

また、7月までには内定を出したいなどの企業が大半な様子。これは、油断していたらあっという間に置いていかれてしまいますね。


就活期間が短くなる?!

今回、就活期間が先のばされたことにより注意すべき点は、活動期間が短くなるということ。
純粋に考えて、3ヶ月も先のばされているんですから、3ヶ月分短くなると考えていいですよね。以前までは第一群の選考が終わっても、夏採用、秋採用とあったチャンスが、単純に一つ減ってしまいます。

就活解禁が3月といえど、それまでにしっかりと情報を集め、就活に挑まなければライバルとの厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
また、先のばされてしまった期間があるということは、企業説明会やインターンシップも先伸ばせれているということ。
日程が重なってしまったり、参加できる説明会が限られていたりすることによって、自分の選択肢も減ってしますことを意味します。

これを理解して情報収集を行わないと、本当にやりたいことからどんどん遠ざかってしまう可能性があります。
そうなる前に事前の情報を元にして自分のやりたいことにうまく優先順位をつけていき、本当にやりたいこと、行きたい会社を絞り出すことが、乗り遅れない為、見逃さないために必要になってくるでしょう。


まとめ

いかがでしたか?変化したばかりの制度についていけなければ、簡単に取り残され、就活が長期化してしまうのが目に見えますよね。

しかし、考えるべき点を押さえ、正確で前もった情報を収集すること、自分のビジョンを広げ、明確にやりたいこととやるべきことを見出すことによって、就活の荒波を越えていけるはずです。

企業も混乱している今だからこそ、先回り先回りで行動することが、自分の将来を決める大事なポイントになりそうですね。
先回りすることや周り以上の情報を得ることは難しいことでもありますが不可能ではありません。自分のやりたいことが明確であればあるだけ、見えてくる道もあるはず。
広く浅くの情報を持つよりも、狭く深く情報を得ていれば自然と抜け道も見えるかもしれません。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ