就活アプリの決定版

速
効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 就活のときの服装は、どのラインから許されるの?

就活のときの服装は、どのラインから許されるの?

Posted On 2015.11.10

学校では「この時期に始めなさい!」と言われたと思ったら、今度はハローワークで「この時期がベスト!」、インターネットの就活サイトでは「始めるならこの時期!」と、色々なところでまったく違う時期を提示されて困ったことはありませんか?
結局、どの時期で就活を始めるのがベストかまとめてみました。



業界別スーツの選び方

実は、就活のスーツは各業界に応じて変えていく必要があります。 例えば、銀行や保険会社、国家公務員を受けるという場合には、堅めのスタイル。アパレル、テレビ・ラジオ局などの場合はカジュアルめなスタイルがおすすめです。

男性の場合は、スーツの色で迷うという方が意外と多いのですが、濃紺や濃いグレーのスーツだとどの業界でも使うことができます。ネクタイの色を明るくするか暗くするかによって、与えるイメージが大きく違ってくるので業界に応じて変えていけるといいですね。

女性の場合は、スカートにするかパンツにするかで迷ってしまう方が多いでしょう。どちらかにしなくてはならないという決まりはありませんので、お好みで選んでみてください。スーツの色は濃紺か黒が無難でしょう。また、スカートも裾が広がっている台形のタイプと真っ直ぐなタイトスカートの2種類があります。銀行などは受けない!と決めている場合は台形スカートを、メインで進めていくのが堅い職種だという方はタイトスカートにしておくと無駄がありません。


「服装自由」の落とし穴

たまに、「服装自由」と書いている説明会などがあります。自由だからといっていつもの私服で行くとアウトです。 説明会は、第一面接と言われるくらいのものなので、やはりそれなりの格好をする必要があります。

でも、しっかりスーツで固めていくというわけではなく、女性ならスーツのジャケットに膝丈のシンプルなスカート、男性ならスーツのパンツにシャツなど、就活用のスーツを一部取り入れたようなイメージでいくと、柔らかい印象かつ、真面目な印象を与えることができます。

服装は、性格が最も現れるところでもあります。スーツで気持ちを正して、就活に取り組めるといいですね。


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ