就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 「マイナンバー」制度で生活って変わるの?

「マイナンバー」制度で生活って変わるの?

Posted On 2015.11.08

今年から配布が始まる「マイナンバー」制度。自分にもひとつ固有の番号がつく…ということは分かっていても、それがどう使われるのかについてはイマイチ不明な方も多いのではないでしょうか。 今回はマイナンバー制度がどのように使われるのか、何に注意するべきかを解説します。


マイナンバーってどんなもの?

マイナンバーは「個人番号」とも呼ばれる、12ケタの番号。今年10月から郵送で通知されます。一度割り当てられた番号は、基本的に一生変わりません。

マイナンバー制度のメリットは、個人のさまざまな情報をひとつの番号で管理して一括するので、行政手続きが効率化されること。たとえば、税金や社会保障に関する手続きでは、住民票の写しなどの添付書類が不要になります。

また、2016年1月からは役所に申請すると「個人番号カード」を交付してもらえます。このカードで図書館利用、印鑑登録証などのサービスも利用でき、身分証明書としてももちろん使えます。

さらに2017年1月からは、マイナンバーを入力すると所得や年金の支払い状況、また個人情報が誰に提供されたのかなどをまとめて確認できるサイトもオープンするそう。

面倒な手続きがカンタンになったり、自分の情報をネットで一気に見られたりできるのは嬉しいですね。


何に注意するべき?

マイナンバーは大事な個人情報を含み、かつ一生変わらないので、取り扱いには十分気をつけなければなりません。勤務先や役所などではマイナンバーの提示が必要ですが、たとえばレンタル店の会員カード発行時などでは不要なので、むやみに教えないよう気をつけたいところ。また、2018年からは預金口座ともひも付けられる予定なので、会社にこっそり行っていた副業が会社にバレる、なんて可能性もあります。

今後もマイナンバーは新たな動きがどんどん出てきます。自身の生活に深く関わることなので、ぜひニュースや行政ホームページなどをチェックしてみてください。

(記事提供:女子カレ)

[女子カレおすすめ記事]
初月0円で始める全身脱毛!口周りやほっぺも含む50か所が月額9500円
不自然アイメイクは卒業!大人の「ナチュラルまつ毛」をつくるとっておきの方法
クリスマスまでにA→Dカップに!?専門家も注目するバストアップ法がスゴイ?

※外部サイトへリンクします


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ