就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 「了解しました」はダメ?目上の人には避けたい言葉をチェック!

「了解しました」はダメ?目上の人には避けたい言葉をチェック!

Posted On 2015.10.3
新卒の言葉遣い

ふだん、何気なく目上の人に対して使っている言葉づかい。実は間違いだった、なんてこともあるようです。今回は、よく使われているけれど実は敬語ではない言葉をピックアップ。あなたは使っていませんか?


目上の人には避けたい!言葉・言い回し3つ


(1)了解しました
分かりました、という意味合いで使われる言葉。対面でもメールでも目上の人に使っている方はかなり多いはず!

しかし実はこの言葉、敬語としては微妙な言い回しです。本来は目上の者が目下の人に対して使っていた言葉であるため、目上に対して使うのは失礼だと考える人もいます。「承知いたしました」「かしこまりました」ならば敬語として間違いないので、使うならこちらがベター。


(2)ご苦労さまです
「お疲れさまです」と同じように使われることが多い言い回しです。しかし「ご苦労さま」は、目上の人が目下の人に対してのみ使う言葉。

上司から仕事終わりに「ご苦労さま」と言われた時も、同じ言葉で返さず「お疲れさまです、お先に失礼します」と言い換えるようにしましょう。

(3)すみません
こちらは明確な間違いとは言い切れないものの、どうしてもカジュアルな印象を与えてしまう言葉。 「すみません」でしか通じない内容はなく、基本的に全て丁寧な言い回しにできます。

「すみません、例の件なのですが…」であれば「恐れ入ります、例の件についてですが…」、「すみません、書類に訂正があります」なら「申し訳ございませんが、書類に訂正がございます」など、きちんとした敬語に言い換えられるよう心掛けましょう。


いかがでしょうか。正式な敬語は、慣れていないと何だか言いづらい、まだるっこしいと感じるかもしれません。しかし慣れるとスマートに言えるようになり、上品な印象を与えることができますよ。ぜひ、試してみてくださいね。

(記事提供:女子カレ)


[女子カレおすすめ記事]
わずか1時間で効果てきめん!500円で美脚をGETしよう?
もちもち赤ちゃん肌に!夏の終わりのこの時期に必ずやるべき素肌ケアとは
朝からずっとサラサラおでこ!顔の汗やベタつきをおさえる裏ワザとは

※外部サイトへリンクします

女子カレをダウンロード

スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ