就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > メールやSNSの投稿など…文章でのコミュニケーションで注意したいこと

メールやSNSの投稿など…文章でのコミュニケーションで注意したいこと

Posted On 2015.9.20

仕事で出すメールや、友達に近況を知らせるSNSの投稿など、文章で人とコミュニケーションを取る機会は意外と多いもの。文章は、対面と話すときとは違い内容が伝わりづらかったり、誤解されたりすることも多いもの。文章でのコミュニケーションで、特に注意するべきことをお教えしましょう。


感情を伝える工夫をしよう

たとえば相手の提案に対して「分かりました」とひとこと伝えたいとき。対面では、表情と声音が加わります。元気に返事することもありますし、やや不満げに言うこともあり、そのことが相手にも伝わります。しかし、文章だとそうはいきません。こちらとしては大賛成のつもりでも、相手には「ひとことしか返事がないのは乗り気じゃないから?」と思われてしまう可能性もあります。

文章は、意識して感情を言葉にしないと、ぶっきらぼうな印象になってしまいがちです。だからこそ、場合によっては、感情を伝える言葉を付け足す必要があります。先ほどの例だと「わかりました」に加え「すごく良いアイデアだと思います。提案ありがとうございます!」まで書けば、相手にも強く賛成している意思が伝わるでしょう。少し面倒に感じるかもしれませんが、円滑なコミュニケーションのためには言葉をケチらないことが大事なんです。


一度見直してから発信!

文章の良いところは、相手に送るまで何度も書き直しができる点。せっかくですから、その利点は大いに活用しましょう。メールやSNSはボタンひとつで気軽に発信できてしまいますが、その前にぜひ、見直す・寝かせる時間をつくってください。落ち着いて読み直すと伝わりづらい部分や、誤字脱字なども発見・修正できるはず。誤解やすれ違いをなくすためにも、ぜひ少し気をつけてみてくださいね!

(記事提供:女子カレ)

[女子カレおすすめ記事]
生理前になると出来る“あごニキビ”がなかなか治らない原因とその対処法とは!?
【ズルい!!】プロのメイクさん直伝★シートパックで最強に潤うマル秘テク?
他人は指摘してくれない…!気になる「ワキガ」を自己診断

※外部サイトへリンクします


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ