>
就活アプリの決定版

速効内定

速効内定トップ > 就活ノウハウ > 「寝ていない」「疲れた」「忙しい」…マイナスな「自慢」は人を遠ざける

「寝ていない」「疲れた」「忙しい」…マイナスな「自慢」は人を遠ざける

Posted On 2015.8.23

「寝てない自慢」とは?

最近「寝てない自慢」「忙しい自慢」という言葉が一般的に使われるようになってきました。寝ていないとか、忙しいなど、本来はマイナスな状況を人に自慢として語ることを指します。

当然、ほとんどの人はこれらの自慢を良くは思いません。マイナスな内容をわざわざ得意げに言われても困る、という反応です。ただ困惑するだけでなく、言われた人の性格や状況によっては「自分だけ大変みたいに言わないで!」と怒りを買ってしまうこともあります。


なぜ自慢してしまうの?

これだけ不評なのに、どうして人は寝てない自慢をしてしまうのでしょうか。

もちろん人によって理由はさまざまですが、自慢する側としてはそもそも「自分はこんなに頑張っているのに、それが報われない・評価してくれない」という不満があることが多いです。そこでつい周囲に「こんなに自分はすごいことをしている」と自慢して、なんとか認めてもらおうとするんですね。

ですから、もし、寝ていないこと・忙しいことを人にこぼしてしまいたくなったら、ぜひ一度「なぜ」自分がそれを言いたいのか考えてみてください。

寝てないぐらい仕事をがんばっているのに誰も手伝ってくれないから、自分より暇そうな人のほうが評価されているから…何かしら、具体的な不満が見えてくるはずです。それが分かれば、手伝いを頼んでみるとか、自分の評価を上司に売り込むなど、自慢するよりずっと建設的で効果のある対策が取れるはずです。周囲を不快にさせることもありません。

老若男女問わず、マイナスな自慢ばかりする人より、常にイキイキと楽しそうな人に魅力を感じるもの。あなたの魅力を下げないためにも「寝てない自慢」を口にする前、一度立ち止まって考えるクセをつけてみてくださいね。

(記事提供:女子カレ)

[女子カレおすすめ記事]
もうムダ毛に悩まない!矢田亜希子さんも感動の「2ヶ月0円」全身脱毛
『痛いけど言えない』4人に1人の女子が悩んでます!あの時痛い…どうしたらいいの?
モテる秘訣は「ちょっとだけ」にある!4つの要素

※外部サイトへリンクします


スポンサーリンク

>>Archive Page

就活ノウハウ おすすめ記事

Twitter

ページトップ